3月いっぱいまでとなっていた、以下の「公開トレードセミナー」の募集も終了したことで、ここ最近は、しばらくその下準備、プロモーション、また、セミナー会場の手配やらで時間を取られているような状況でした。

>2019.04~08開催「公開トレードセミナー」のご案内<PDF>(既に募集は終了しています)

ただ、このセミナーの際には大人数の前で実際に「公開トレード」をさせて頂きますので、久々に「トレード」の方に集中して公開セミナーに向けて、肩慣らし?でも、しておこうかな、と思った矢先・・・

『ビットコイン(仮想通貨全般)の相場が異常に高騰している!』

という事に気付きました(笑)





これはビットコインのチャートですが、3月はかなり緩やかな相場が続いていた事もあって、この急激な相場の高騰は、まさに多くのトレーダーの「明暗」をハッキリ分けたのではないかと思います。

そんな中で「私が確立しているトレード手法ではどうだったのか」というと『しっかりとロングポジション(買い)のエントリー条件が発動』していました。

実際に私のトレード講習を受けて、ノウハウを把握している方であれば、この急な高騰相場の直前、及び、それが継続している間においては、

・絶対にショートポジションを作ってはいけない相場(ルール)
・状況に応じてロングポジションで高い確率で勝てる相場(ルール)

となっていた事は一目でわかるはずですし、このタイミングで実際にトレードをされていた方は、その基準(ルール)に沿ってかなりの利益を出す事ができたはずです。

実際に昨日、今日は普段、あまり成果のご報告が無いような方からも『めちゃくちゃ利益が出ました~』というようなご連絡を数件、頂けています。

 
つまり、私が提唱しているトレードルールは、このような「急激な転換相場」にも、何ら問題なく対処する事が出来たということです。

更に言うと、急激に高騰していった相場が「反転」を見せたポイントも、実際に以下のヒゲが伸びているあたりで『反転を警戒して事前に手を引くルール(ロングポジションを解消するルール)』がしっかりと発動していました。





要するに、

・相場が急上昇していったタイミング
・急上昇していった相場が天井を打って、反転したタイミング

このような2つの相場の転換点のいずれにおいても、私のトレードノウハウを実践されている方で「負けてしまった(損をした)」という人はいないはずで、このタイミングでトレードをやっていた人は普段よりも稼ぐ事が出来たという事です。

(ちなみに私は4月の頭から子供の春休みの小旅行中で、この時は子供とホテルのプールでパシャパシャと遊んでました、笑)

そして、本日(このブログを書いている今現在)も、昨日の「急激な相場」の余波から、

「大きく高騰した後だから、大きく下げるかもしれない」
「このままどんどん上がっていくかもしれない」

と、多くの人が迷ってしまう傾向にあり、また、実際にどちらにも大きく転ぶ可能性もある、一般的には「難しい相場」とされる局面となっていたものの、私のノウハウは、そういう相場でも問題なく有効な自信がありましたので、私はあくまでも「自分のルール」に従い、いつも通りにトレードを行っていきました。

2019.04.03:運用パフォーマンス(運用資金100万円)

ひとまずトレード開始から、4時間ほどで100万円の資金に対して4%の利益率を達成しました。


※運用収益の詳細クリックすると拡大できます

その更に2時間後、計6時間ほどのトレード時間で資金に対して6%以上の利益率を達成できたという感じです。


※運用収益の詳細クリックすると拡大できます


前日に急激な相場の高騰があり、そこから値動きの幅が急激に大きくなった「ブレイク直後の相場」でも、こうして何ら問題なく有効性を保てているという事です。

それこそ先月(3月)のような上げ下げの穏やかな相場だと、わりと適当なトレードルールでも、それなりには勝てる傾向にありますが、今回のように『大きな相場の転換時や、転換後の相場において、そのまま勝ち続けられるか』で、そのトレードルールの「真価」が問われます。

まさに「本当の意味での有効性」がそこで試されるわけです。

その点で言えば、私のトレードノウハウは「最も激しい時期の仮想通貨(ビットコイン)の相場」(2017年の高騰時期、2018年の大幅な下落相場など)を相手に、「有効なルール」を確立してきたものになっています。

まさに今回のような大きな相場へ転換するタイミングや、その後の値動きの大きい相場には「何の問題もなく対応できるようになっている」という事です。

▼ このブログは私のノウハウを習得している方も多数、観覧されています。

このブログは実際に多くの私のノウハウを習得した「受講者さん」も観覧されていますので、この記事のような内容で明らかな虚偽(嘘)を書いていれば、それはまさに「詐称行為(詐欺)の動かぬ証拠」になってしまうものだと思います。

少なくとも、講習を実際に受けた受講者さんは、私のノウハウがどういうもので、どのような相場で負けてしまい、どのようなチャートで勝っているかも、普通に「分かる」からです。

その上で、私は直に多くの受講者さんと実際にお会いして講習なども行っているわけですし、4月以降は、毎月のように、その受講者さんを含めた方々を対象とする「トレード状況を公開する形のセミナーの開催」も控えています。

実際、既に講習を受けて私のノウハウを熟知している方が多数、セミナー会場に足を運ぶわけですから、仮にこのブログなどで嘘を言っていれば「てめー、嘘書いてんじゃねーよ。」という事にもなりかねません。

つまり、私がこのような形でブログに公開している内容は全て「揺るぎない事実」だという事です。

以上、お伝えしたかった事としては、私のノウハウは「本当に有効なもの」で『昨日、今日の大きな転換相場でもきっちり勝ててますよ。』というお話でした。
 

2019.04.12追記運用パフォーマンス追加(運用資金:約100万円)

明日、いよいよ公開トレードセミナーの開催日ですが、この間もセミナーの資料を作りながら、トレードの方も行っていましたので、数日分のパフォーマンスを追加公開しておきます。



※運用収益の詳細クリックすると拡大できます
 


※運用収益の詳細クリックすると拡大できます
 


※運用収益の詳細クリックすると拡大できます
 


※運用収益の詳細クリックすると拡大できます
 


※運用収益の詳細クリックすると拡大できます
 


※運用収益の詳細クリックすると拡大できます
 
いずれのパフォーマンス画像も、その日の途中経過で保存したものを公開している関係から、運用資金に若干のズレはありますが、それでも『100万円ほどの資金に対して、5~10%ほどの利益率を実現できている事』は十分にお分かり頂けるはずです。

基本的には仕事(セミナーの資料作りなど)の合間でやっていた程度ですが、もともと私は睡眠時間が人より短めなため、トータル的でトレード(売買)を行っていた時間は、比較的、長めになっているかもしれません。

10%以上の利益率を普通に実現しているのは、その影響もあると思います。(一応、利益率の水準としている「4~6%」は、1日6~8時間くらいのトレード時間を目安としている数字になります。)

何にせよ、明日はいよいよ、このトレードノウハウを多くの受講者さんの目の前で公開させていただくトレードセミナーの開催日となっていますので、その「稼ぎ方」をそっくりそのままお見せします。

北は北海道、南は沖縄からの受講者さんがおられるようですので、セミナーに参加される方は来られる方は、気を付けてお越しください。
 

2019.04.14追記トレードセミナーへのご参加ありがとうございました!

無事、トレード公開セミナーを終える事ができました。

遠方より起こしになられた受講者様も多くおられましたが100万円以上の受講料を頂いた高額なセミナーにも関わらず、40名近い受講者様にご参加いただき、感謝です。



 

ただ、間違いなく受講料の何十倍、何百倍、強いては何千倍ものリターンを生涯に渡って実現していく事ができるノウハウを提供させて頂きましたので、セミナーを受講された方はしっかり「ルール」を覚えてノウハウをモノにしてください。

次回、また5月のセミナーがありますので、4月のセミナーにご参加された方は復習も兼ねて、また受講いただければ幸いです。

※既に5月、6月、7月までのセミナーは受講募集の方を締め切っていますので、今後、私のトレードノウハウを学べるセミナーなどの開催情報はメルマガの方で、随時、ご案内させて頂きます。

ご興味があれば、こちらよりご登録ください。

>「テクニカル分析と統計心理学」無料メルマガ講座
 

以下、私のノウハウの運用実績や、私のトレード手法の詳細などを公開している記事になりますので、興味があれば、併せてご覧ください。

>私の「教え子」にあたる方々の運用パフォーマンスの一覧など

>片手間の資産運用で「月間収益100万円」を達成するまでの運用収益の詳細など

>運用パフォーマンスから分かる、私のトレード手法の特徴