2021年1月中にツイッターの方へ投稿させて頂いた、私のテクニカル基準に基づく「相場予測」と、それに伴うエントリー&クローズのポイントに基づく「トレード結果」の一覧になります。

実際に利用されている方は分かると思いますが、ツイッターへの投稿は、ブログなどに投稿していく記事などと異なり、その投稿日時や、投稿内容の修正、編集などを一切行えません。

よって、以下に掲載する「ツイッターへの投稿内容」は、その全てが間違いなくそれぞれ日時にリアルタイムな形で投稿されたものという事です。

2021年1月度ツイッター公開トレード一覧

01月02日06時21分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月04日21時09分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月05日21時04分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月09日12時01分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月10日08時41分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月12日21時50分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月15日09時16分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月16日19時08分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月18日11時15分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月19日10時19分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月20日04時15分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月25日01時05分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード
01月29日09時23分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)※勝ちトレード

 公開トレード件数:13件 / 勝ちトレード:13件(負けトレード:0件)

ツイッターを介して行っている「公開トレード」は、私のテクニカル判断に基づく全てのトレードポイントの「一部」を定期的に公開しているものになります。

よって、全てのトレードポイント、トレード結果を公開しているわけではありませんが、それでも私が確立しているテクニカル判断の基準、ルール等の有効性における判断材料の1つにはなるはずです。
 01月02日06時21分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した1月2日6時21分の時点で300万6000円ほどだったビットコイン相場は、私のテクニカル分析において「303万円まで上昇する可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予想通り下降した分は戻る(上がる)相場となった上で、303万円まで上昇していく相場となりました。

トレード経過としては、一時、相場が下降した時点で、予告通り、買いポジションを追加し、上昇時点で追加した分の買いポジションは解消(利確)。

その後、同日9時22分に「相場が再び、一時的に下降する可能性が高い」と判断したため、その旨をツイートすると共に全ての売りポジションを解消(利確)しています。

↓↓↓


以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
収支結果は先立つ下降時点で追加した買いポジションによる収益が主となり、最終的な損益は『19,388円のプラス収支』という結果でした。

***

この日の相場は、ツイッターを介してのトレードは「勝率重視の短期トレード」で手を引きましたが、私が継承している『○○足ルール』で終日、トレードを行っていた方であれば、早朝6時台から終日、買いポジションを保持できていたはずです。

↓↓↓

最終的な『○○足ルール』に沿ったポジションの解消ポイントは、1月3日3時45分頃の336万円台のレートですので、1月2日6時台のエントリーレートの300万円台からであれば、

『ポジション数量(BTC枚数)× 35万円以上の利幅』

を実現できる、かなり大きくリターンを伸ばせる相場となりました。(運用を任せているパートナーの方々は長時間のトレードお疲れ様でした!)

 01月04日21時09分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した1月04日21時09分の時点で314万9000円ほどだったBTC相場は「320万円まで上昇する可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場はツイート時点のレートをほぼ下回る事なく、約30分ほどで予測した320万円台を超えて上昇していく形となりました。

トレードの経過としては、ツイート直前に建てていた買いポジションをそのまま保持し続ける形となり、現物レートが320万円を超えた時点で予告通り全てのポジションを解消(利確)しています。

以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
この時のトレードポイントは「堅い」という判断からポジションを多めに建てたため、30分ほどのトレード時間で実現した収益は『186,430円のプラス収支』という結果でした。

買いポジション解消後、相場は再び315万円まで下降する形となったため、この日の相場は私のテクニカル分析通りの値動きとなり、買いポジションを解消するタイミングも含めてベストなトレードを行えたのではないかと思います。
 01月05日21時04分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した1月05日21時04分の時点で328万円ほどだったビットコイン相場は、私のテクニカル分析において「330万円まで上昇する可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予想通り下降した分は戻る(上がる)相場となった上で、330万円まで上昇していく相場となりました。

トレード経過としては、一時、相場が下降した時点で、予告通り買いポジションを追加し、その後の上下幅で短期売買を行っていましたが、

「相場が一時的に下降する可能性が高い」

と判断したため、その旨をツイートすると共に全ての売りポジションを解消(利確)しています。

↓↓↓


以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
後半の相場はトレードを行えない状況だったため、先立つ上下幅で行った「スキャルピングトレードによる収益」が主となり、最終的な損益は『34,612円のプラス収支』という結果でした。

 01月09日12時01分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した1月09日12時01分の時点で416万円ほどだったBTC相場は「420万円まで上昇する可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予測通り、420万円台まで上昇していく形となりました。

トレードの経過としては、一時、相場が下降した時点で予告通り、買いポジションを追加し、その後、現物レートが420万円に達した時点で予告通り全ての買いポジションを解消(利確)しています。

以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
エントリー時点から、約30分ほどのトレード時間で実現した収益は『61,732円のプラス収支』という結果でした。

買いポジション解消後、相場は再び415万円まで下降する形となったため、この日の相場は私のテクニカル分析通りの値動きとなり、買いポジションを解消するタイミングも含めてベストなトレードを行えたのではないかと思います。
 01月10日08時41分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した1月10日08時41分の時点で420万円ほどだったBTC相場は「422万円まで上昇する可能性が高く、下降した分は戻る(上がる)相場となる可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予測通り、下降した分は戻る(上昇する)相場となった上で、422万円台まで上昇していく形となりました。

相場が下降した時点で予告通り、買いポジションを追加し、その後、現物レートが422万円に達した時点で予告通り全ての買いポジションを解消(利確)しています。

以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
エントリー時点から、約30分ほどのトレード時間で実現した収益は『50,565円のプラス収支』という結果でした。

買いポジション解消後、相場は再び415万円まで下降する形となったため、この日の相場は私のテクニカル分析通りの値動きとなり、買いポジションを解消するタイミングも含めてベストなトレードを行えたのではないかと思います。
 01月12日21時50分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した01月12日21時50分の時点で364万円ほどだったBTC相場は、私のテクニカル分析の基準から「355万円まで下降する可能性が高く、上昇した分は戻る(下がる)相場となる可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予測通り、上昇した分は戻る(下がる)相場となった上で、355万円台まで下降していく形となりました。

トレードの経過としては、現物レートが360万円を下回っていった時点から、予告通り売りポジションを解消(利確)しています。

以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
利幅としては10万円以上を取れた形となったため、最終的な損益は『148,495円のプラス収支』という結果でした。

 01月15日09時16分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した1月15日09時16分の時点で409万円ほどだったBTC相場は「405万円まで下降する可能性が高く、上昇した分は戻る(下がる)相場となる可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予想通り下降した分は戻る(上がる)相場となった上で、405万円まで下降していく形となりました。

トレード経過としては、一時、相場が上昇した時点で、予告通り買いポジションを追加し、その後の上下幅で短期売買を行っていましたが、

「相場が一時的に上昇する可能性が高い」

と判断したため、その旨をツイートすると共に、一時、全ての売りポジションを解消(利確)しています。

↓↓↓


その後、同日17時59分に以下のようなツイートを投稿すると共にトレードを再開しています。

↓↓↓


こちらのツイートを投稿した1月15日17時59分の時点で396.5万円ほどだったBTC相場は「400万円まで上昇降する可能性が高く、下降した分は戻る(上がる)相場となる可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予測通り、下降した分は戻る(上昇する)相場となった上で、400万円台まで上昇していく形となりました。

トレードの経過としては、一時、相場が下降した時点で、予告通り買いポジションを追加し、その後、現物レートが400万円を超えた時点で予告通り全てのポジションを解消(利確)しています。

以下、この日に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
午前9時頃と午後6時頃の2度の予測ツイートに沿ったトレードのトータル収支は『76,149円のプラス収支』という結果でした。

***

買いポジション解消後、相場は350万円近くまで大きく下降する形となったため、この日の相場はほぼ私のテクニカル分析通りの値動きとなり、買いポジション解消のタイミングも含めてベストなトレードを行えたと思います。

↓↓↓

 01月16日19時08分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した1月16日19時08分の時点で393万円ほどだったビットコイン相場は、私のテクニカル分析の基準から「390円まで下降する可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場はツイート時点のレートをほぼ上回る事なく、予測通り、390万円を抜けて下降していく形となりました。

ただ、それまでの値動きの経過的に

「相場はそのまま更に下降し続ける可能性が高い」

と判断したため、半数ほど売りポジションは解消したものの、残り半数の売りポジションを保持すると共に、その旨を追ってツイートしています。

↓↓↓


その後、相場は予測通り下降し続ける形となり、20時23分頃、残り全ての売りポジションを解消(利確)を追ってツイートしています。

↓↓↓


以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
390万円台で利確した売りポジション分と、その後、保持した分は相場の上下幅を利用した短期売買で利益を上乗せし、最終的な収益合計は『89,903円のプラス収支』という結果でした。

売りポジション解消後、相場は再び393万円まで上昇する形となっていますので、ポジションを解消するタイミングも含めてベストなトレードを行えたのではないかと思います。
 01月18日11時15分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した01月18日11時15分の時点で374万円ほどだったビットコイン相場は「370万円まで下降する可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場はツイート時点のレートを大きく上回る事なく、約1時間ほどで予測した370万円まで下降していく形となりました。

トレードの経過としては、現物が370万円台まで下降した時点で全ての売りポジションを解消(利確)しています。

以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
数量1枚分(1BTC)に相当するポジションで獲得した374万円台→370万円台の利幅によるリターンが『37,226円のプラス収支』という結果でした。

 01月19日10時19分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した01月19日10時19分の時点で382万円ほどだったビットコイン相場は「下降する可能性が高く、上昇した分はそのまま戻る(下がる)可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイッターへの投稿後、BTC相場は予測通り『上昇した分だけ戻る(下がる)相場』となったため、上昇時点で売りポジションを追加し、下降時点で解消(利確)していく形の短期売買を行っていきました。

その後、値動きの経過から、

「一度、相場が再び上昇傾向となる可能性が高い」

と判断したため、その時点で『売りポジションの解消』を追ってツイートしています。

↓↓↓


以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
エントリー開始レートとクローズレートはほぼ同じでしたが、上昇時点で追加していった売りポジションによる収益分で最終的な損益は『37,442円のプラス収支』という結果でした。

 01月20日04時15分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した01月20日04時15分の時点で369万4000円ほどだったBTC相場は「367万円まで下降する可能性が高く、上昇した分は戻る(下がる)可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予想通り上昇した分は戻る(下がる)相場となった上で、367万円まで下降していく形となりました。

トレード経過としては、相場の上昇と共に予告通り、売りポジションを追加した上で短期売買(スキャルピング)を行い一定の利益を確保していた段階で

「相場が再び上昇する可能性がある」

と判断したため、その旨をツイートすると共に全ての売りポジションを解消(利確)しています。

↓↓↓


以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
相場は当初の予測通り367万円まで下降する形となったものの、実際のトレードで得た収益は先立つスキャルピングトレード分に相当する『12,722円のプラス収支』という結果でした。

 01月25日01時05分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した01月25日01時05分の時点で333万円ほどだったビットコイン相場は「331万円まで下降する可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場はツイート時点のレートをほぼ上回る事なく、約10分ほどで予測した331万円台を抜けて下降していく形となりました。

トレードの経過としては、ツイート直前に建てていた売りポジションを相場が331万円を割り込んで下降していった時点で全て解消(利確)しています。

以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
相場は完全に予測通りの値動きとなりましたがポジション数量は最低数量だったため、約10分ほどで実現した収益は『23,903円のプラス収支』という結果でした。

h5> 01月29日09時23分 投稿ツイート(ビットコイン公開トレード)


こちらのツイートを投稿した01月29日09時23分の時点で355万円ほどだったビットコイン相場は「350万円まで下降する可能性が高く、上昇した分は戻る(下がる)可能性が高い」と予測しました。

以下、このツイートを投稿した後のビットコイン相場の値動きです。

↓↓↓



ツイート後、BTC相場は予想通り上昇した分は戻る(下がる)相場となった上で、350万円まで上昇していく相場となりました。

トレード経過としては、相場の上昇と共に売りポジションを追加し、相場が下降した時点で短期売買を行う形のトレードを行っていましたが、その間の値動きの経過状況的に、

「相場が一時的に上昇傾向となる可能性が高い」

と判断したため、その旨をツイートすると共に全ての売りポジションを解消(利確)しています。

↓↓↓


以下、この時に行ったトレードの収支結果です。

↓↓↓


 
約1時間30分ほどのトレードによる最終的な損益は『53,601円のプラス収支』という結果でした。

▼ 私のツイッターは『私のノウハウを習得されている方』も多数、観覧しています。

私の「ツイッター」は、私が実施したきたトレード講習やセミナーなどを介して、実際に私のノウハウを習得した「受講者さん」も多数、観覧されています。

そして、その全てのトレードが、そのノウハウにおける「売買の基準」を前提に行っているものであり、その「基準」に沿わないような売買は一度たりとも行っていません。

少なくとも、私の講習を実際に受けた受講者さんは、私が、どのような基準でいつ、どこで売買を行っていくかを把握しています。

そんな受講者様が多数、観覧されているツイッターに「基準に沿わないトレード結果」を公開しようものなら『自分が教わった基準とは異なる売買をしている』という事になってしまい「ツイッターの炎上」を招きかねません

つまり、私がツイッターに公開しているトレードポイント、トレード結果は全て、私の多くの受講者さんに継承しているテクニカル基準に沿ったものに他ならないという事です。
 

▼ 各運用実績の「運用資金」について

各運用実績における、私の「運用資金」は以下の通りです。

・ビットフライヤー(仮想通貨):100~300万
・BITMEX、Bybit (仮想通貨):100~300万
・SBI証券(為替)     :100~200万

定期的に「増えた分」の資金は引き出すようにしているため、基本的には、上記のような金額が日々の損益(基本的には、ほぼ「利益」ですが。)によって推移しているイメージになります。

その上で、最も大きいリターンを実現したトレードでは、一日300万円ほどを稼いでいる日もありますが、そのパフォーマンスも上記の運用資金の範囲で実現しているという事です。

以下の記事では、その日のトレードにおける運用資金の詳細などと併せて「私が運用資金増額しない理由」なども言及していますので、併せて参考にしてください。

>ツイッターで公開した「1日で300万円を稼ぐトレード」の詳細

(重要)ミラートレードはあくまでも自己責任で。

こちらのツイッターを介して行っている「公開トレード」は、私のテクニカル判断に基づく全てのトレードポイントを公開しているものではありません。

あくまでも、そのごく一部のトレードポイントを定期的に公開しているものです。

よって、その月によっては勝率やパフォーマンスに偏りが出る可能性もあるため、私のツイート内容に準じた「ミラートレード」を行う場合などは、あくまでも自己責任でお願いします。

とは言え、もともと「9割を超える勝率のノウハウの判断基準」に基づいていますので、長期的な視点でツイッターによる公開トレードの勝率が9割を下回っていく事はおそらくないと思います。

実際に私のツイッターのミラートレードで資金を増やしているフォロワーの方や、

「私が実施しているトレード講習の受講料をツイッターのミラートレードで稼いだ」

という人も出てきていますので、あくまでも自己責任の範囲の上ではありますが、大いに有効活用して頂ければ幸いです。

こちらの記事も併せて参考にしてください。

私が年間100回以上の公開トレードで勝率99%を実現できている理由。

テクニカル分析による聖杯(必勝法)の存在と相場,投資の真実