-たとえ1ドル300円まで円安が進んだとしても、政府が「ドル高」で得た為替差益を国民に還元すれば誰も文句は言わない。

経済学者、高橋洋一氏が「円安」および「円安の進行」を過度に肯定する見解を述べたことに対して、元2ちゃんねるの管理人、論破王こと西村博之氏(以下、ひろゆき氏)がXを介して

『ホントに学者?』

と同氏の主張を批判し、それがちょっとした論争になっていました。

この議論は「為替相場のファンダメンタルズ」とは無関係な話ではありませんので、双方の主張、論点、根拠などを「note」の方で具体的な経済統計から試算してみました。

↓↓↓



外国為替に限らず「投資」の世界に身を置いているか、これからやってみる、興味はあるという場合には、読んでおいて、決して損はない内容になっていると思います。

***

ちなみにnote(ノート)の方には『外国為替相場のファンダメンタルズ分析講座』の方も現在進行形で【無料公開】しています。

↓↓↓

>外国為替相場のファンダメンタルズ分析講座(全7講座)


外国為替相場を対象に投資や投機を行っているか、FXを始めようと思っている、またはFXに少しでも興味があるという状況なら、こちらも読んでおいて損はない内容になっていると思います。

是非、参考にしていただければと思います。