11月9日の早朝1時30分頃から、4時30分頃までにかけて、ビットコインは日本円レートで300万円台から250万円台まで、約50万円ほど、資産価値17%減の「暴落相場」となりました。

11月9日早朝のBTC暴落は「テクニカル」で予測できたのか。

11月9日の早朝のようにビットコインなどの相場に大きな変動があった際は、ツイッターのフォロワーさんやメルマガの読者さんなどから、

「今日の相場は取れてましたか?」
「テクニカルで事前に予測できてましたか?」

といったご質問を頂く事も多いのですが、11月9日のビットコインの急落相場については多くの方と「共有」している『自動売買のプログラム(EA)』の方で、しっかりと取れていました。

↓↓↓

 
上記の通り、11月9日早朝(日本時間)のビットコインの急落相場は、私のテクニカル理論をプログラム化した「EA」による自動売買の方で『約2000ドル(30万円相当)の利幅(運用資金100万円に対して+28.6%増)』を実現する事ができています。

以下のように、この時のビットコインの急落相場には「第1波(小さな急落)」と「第2波(大きな急落)」がありました。

↓↓↓

この第1波、第2波の流れの中で、実際にポジションを建てているのは、第1波の下降トレンドがほぼ確定的となる「急落ポイントの直前」である事が分かると思います。

↓↓↓

よって、この時のトレードは「第2波」の急落相場で、まるまる売りポジションを保持できる形になっています。

さすがに最安値を付けたレートで利食いする事はできていませんが、それでも、十分な下げ幅(利幅)を取れたところで利益を確定できていると思います。

↓↓↓

この時のビットコインの急落相場は「私が確立しているテクニカル分析で十分に予測できていた」という事です。

そして、実際に私ののテクニカル分析の基準に沿った売買を自動で行ってくれるプログラム(EA)の方で、この時の急落相場では、しっかりと大きなリターンをチャージする事ができています。

↓↓↓


 
このEA(自動売買プログラム)は、私のセミナーや講習などを受講されている多くの受講者様が実際に利用されています。

その利用者様の多くが、このブログをご覧になっていますので、上記で公開している取引履歴は全て、同じEAをご利用になっている方の取引内容と全く同じ履歴になっているという事です。
 

ツイッターでは公開していない「リターン重視」のテクニカルトレード。

私がツイッターの方で公開しているビットコインを対象とするトレードは、徹底して「勝率(負けない取引)を重視する取引(売買)」を行う形になっています。

その関係から、ビットコインを対象とするツイッターを介した公開取引の方で、上記で公開したような大きな「利幅」を一度の取引で実現している事は、ほとんどありません。

ですが、実際には、上記で公開したような「数十万円台の大きな利幅を狙ったテクニカルトレード」の方も、EAによる自動売買などを含めた形で行っています。

もちろん、今回のような取引で大きなリターンを狙う場合は、EAの取引履歴にもあるような負けトレードも生じる事になりますが、

「コツコツ負けても、勝てるところで大きく勝つ」

というトレードスタイルで実際はツイッターで公開しているような、勝率を重視したトレードスタイルよりも、大きな収支を実現できています。

それこそ、世の中の大多数のトレーダーは「コツコツ勝ってドカンと負けている」という人が、その大半を占めています。

そのようなトレーダーのほとんどが、その「ドカンと負ける取引」でそれまでの勝ちを全て吹き飛ばしたり、資金の大半を失ってしまう末路を辿っているわけです。

故に、そういった「多くの負け組トレーダーと真逆のスタイル」を貫く事ができれば「取り返しのつかない負け(損失)」が「資金を大きく増やせる勝ち(利益)」に変換される事になります。

つまり、多くの「負けているトレーダー達」と真逆のトレードを徹底していけば、それだけ勝てる(勝ち続けられる)確率も、格段に高くなるという事です。

よって、私の方で提供している「自動売買のプログラム(EA)」は、今回の記事で例に挙げたような相場で、大きなリターンを狙って実現していくロジックになっています。

私がビットコインの相場を対象に、ツイッターを介して公開している取引とは手法そのものが大きく異なるという事です。

 
ちなみに、私が「ゴールド(XAU/USD)」の方を対象に公開しているトレードに関しては、実はその「全て」がEAの方で行っている取引内容になっています。

>ゴールド(XAU/USD)ツイッター公開トレード一覧


こちらの「ゴールド」の取引履歴をご覧いただければ、私がビットコインを対象としている取引のように99%以上の勝率を実現できているわけでは事は一目瞭然かと思います。

ですが「勝てている取引のリターン」と比較して「大きている取引のロス(損失)」は以下の通り、そこまで大きくは負けていません。

↓↓↓




対して「大きく勝てているトレード」では、以下のように、運用資金に対して10~30%増の取引を行っています。

↓↓↓

2022年10月03日23時02分 投稿ツイート(ゴールド公開トレード)※資金×13.18%増
2022年04月07日01時25分 投稿ツイート(ゴールド公開トレード)※資金×11.59%増
2022年04月01日00時06分 投稿ツイート(ゴールド公開トレード)※資金×9.41%増
2021年09月30日03時02分 投稿ツイート(ゴールド公開トレード)※資金×31.1%増

ツイッターでは「ゴールド」のみを対象にリターン重視の取引を公開していますが、実際には「ビットコイン」を対象とする形でも、同様のトレードを行っているという事です。

***

ちなみに私が提供しているEAは、

・ゴールド(XAU/USD)
・ビットコイン(BTC/USD)

この2つの市場を対象に「リターン重視の取引」を徹底し「コツコツ負けてもドカンと勝つ」というスタイルの取引を自動化するものになっています。

その上で、私が確立している相場の分析基準(テクニカル基準)は、

・負けない事を徹底すれば99%以上の勝率の実現も可能
・大きな変動(暴落・急騰)が伴う場面の分析(予測)も可能

このように、取引のニーズに合わせた分析が可能なものになっていますので、その分析基準を踏まえたトレードノウハウの継承講習やセミナーなどは、やはり、それ相応の高額な受講料を頂いています。

対して「自動売買のプログラム(EA)」の方は、メルマガ読者の方を対象に、一定の「利用条件」を提示した上で、その定期的に利用者様を募集するオファーをご案内しています。

もし、こちらにご興味があれば、以下より「メルマガ講座」の方へご登録いただければと思います。

「テクニカル分析と統計心理学」無料メルマガ講座のご案内。

EAの利用者様には「無料」でロジックの公開も行っていますので、取引ロジックを公開している自動売買プログラム(EA)」は、ネット上をくまなく探しても、まずお目にかかれないはずです。

パフォーマンスデータの改ざんなどを行っているようなEAなどは、具体的な取引ロジックの詳細を頑なに隠したがりますから、ネット上で見つけられるEAの大半は、まずロジックを公開していません。

そのようなEAは、具体的な取引の基準(ロジック)を公開すると色々と不都合があるのでロジックそのものを「公開できない」わけです。

逆に言えば「自動売買のロジックを公開する」という事は、取引履歴の改ざんなどもできないという事ですし、カーブフィッティングをひたすら重ねたようなロジックではない事の裏付けでもあります。

要するにこのEAを利用する事で、私のテクニカル分析の基準(取引ルール)を、実質的に「無料」で知る事もできてしまう、ということですから、

・自動売買でリターンを追求する目的
・有効なテクニカル分析の基準を学ぶ目的

どちらの目的でも、ご利用いただく価値は十分にあると思いますので、ご興味があれば「メルマガ講座」の方にご登録の上、ご案内をお待ちいただければと思います

>「テクニカル分析と統計心理学」無料メルマガ講座のご案内

こちらのメルマガ講座は「自動売買プログラムの提供」を目的としているものではありませんので、自動売買のプログラムの詳細をすぐにでも、、、という場合は、メールマガジンにご返信いただく形で、その旨、お問い合わせ頂ければと思います。